今月の言葉 (毎月 1日更新)

 

法然上人 一刀十念御自作座像(西福寺御影堂御本尊)

【令和6年6月】

   

カラスの親孝行」



 「カラスに反哺の孝あり」という言葉があります。反哺というのは口で餌を吐き与えることです。カラスに限らず鳥はほとんどそうですが、巣に帰ると、雛が口を開けてピヨピヨと口を開けて待っています。親のカラスは一生懸命餌をとって来て吐き与える。


 何があっても育てねばならない、親鳥が大事な我が子を守り育てている姿です。その雛もやがて大きくなり、親より大きくなり、やがて巣立ってゆきますが、しかし育てた親鳥もいつか歳をとって弱ってきます。育てられたカラスは、年老いて弱った親のカラスに口で餌を与えて食べさせるのです。チャンと親孝行しています。誰に教わった訳ではないのに、えらいものです。


 親孝行をせねばならいことを一番知っているはずの人間さまが、何にも出来ていないと思いませんか?


 以前ある雑誌に、「親孝行したくないのに、親がいる」などと書いているのを見かけました。なんと情けない。困ったものです。大いに反省しなくてはなりません。カラスに「おかげさまの心を」教えられているんです。

 


  「七つの子」の唄に
   烏 なぜ啼くの 烏は山に 可愛い七つの
   子があるからよ 可愛可愛と 烏は啼くの
   可愛可愛と 啼くんだよ
   山の古巣へ 行つて見て御覧
   丸い眼をした いい子だよ

 

 

 カラスの鳴き声は「可愛い、可愛い」と鳴いているようにも聞こえます。ピヨピヨと親呼ぶ声に、「大事な大事な我が子よ、待ってて頂戴ね」と応える親の声です。


 「七つの子」の唄は野口雨情(1882~1945)の作詞です。この方はたくさんの詩を残されています。そしてほとんどが、宗教的意味合いの深い詩で、特にこの詩は、佛の大慈悲を歌いこんでおられると思います。雛が親のカラスを無心に呼んでいる。その声に応えるカラスの親が子を思う心情です。

 
 阿弥陀佛は、まさにこの母鳥が我が子可愛いと思うが如く、「すべての人が、大事な大事な我が子」と何時も見守り慈しみ、私たちのことを思って守り育てて下さっているのです。このことを「七つの子」は教えて下さっています。
親が子を思う心です。阿弥陀さまの大いなる親心お慈悲のもと、生き生かされている生命なのです。


 しかし、愚かな私たちは、なかなかそのことに気づく事ができません。なぜできないのでしょうか。貪り・腹立ち・愚痴の三毒の煩悩に振り回され、情けないかな自分中心でしか物を考えることしかできない「俺が、俺が」の「我」が強い生き者ですから「お陰さまにより育てられている」という意識が無いのです。これが私たち迷いの凡夫なんです。


 阿弥陀さまは、そんな凡夫の為に、そんな凡夫なればこそ、救うてやると慈悲の手を差し伸べて下さっているのです。


 法然上人は「ただ佛の救いをひたすら信じて、口に南無阿弥陀佛と唱えよと」お示しくださったのです。


 素直に、おかげさまを喜んでお念佛を唱える事の出来る人は親孝行なんです。


 

 

2024年6月1日 

二橋 信玄 (大原山西福寺 第51世)

 

 

 

 

   


■ バックナンバー

2021年(令和3年)10月より、毎月1日に掲載しています。

【令和6年5月】

「 大永(だいえい)の御忌(ぎょき)鳳(ほう)詔(しょう)下賜(かし)五百年)」

 

 

【令和6年4月】
「 凡夫の報土に (浄土宗開宗850年)」

 

 

【令和6年3月】

「 暑さ寒さも彼岸まで」

 

 

【令和6年2月】

「 共に泣き 共に悲しみ 共に生きる」

 

 

【令和6年1月】

「 浄土の旅の一里塚」

 

 

【令和5年12月】

「 難儀もおかげ」

 

 

【令和5年11 月】

「 出あい難い佛の縁」

 

 

【令和5年10月】

「 随順佛教」

 

 

【令和5年9月】

「 振り向けば、おかげを受けし人ばかり」

 

【令和5年8月】

「 お盆は親孝行の日」

 

【令和5年7月】

「人中の芬陀利華 (ふんだりけ) 」

 

 

【令和5年6月】

「不求自得のご利益」

 

 

【令和5年5月】

「四馬のたとえ」

 

 

【令和5年4月】

「咲いた花見て 喜ぶなら 咲かせた根元の恩を知れ」

 

 

【令和5年3月】

「微笑は 微笑をうむ 春の風」

 

 

【令和5年2月】

「福は内、福は内、鬼も内」

 

 

【令和5年1月】

「あやまりを正す月とや初参り」

 

 

【令和4年12月】】

「罪は十悪五逆の者も、生ると信じて、  小罪をも、犯さじと思うべし 」



【令和4年11月】

 「素直な自分となって」



【令和4年10月】

 おねだり信仰とおかげさま

 

 

【令和4年9月】

 心配ご無用

 

 

 

【令和4年8月】

 縁無き衆生は度し難し

 


 

【令和4年7月】

  坂三里 つらさが楽し 里帰り

  青葉の彼方 桃の咲く家




【令和4年6月】

 世間の喜びと出世間の喜び




【令和4年5月】

  浄土で咲く蓮の華




【令和4年4月】

  カラとモチ




【令和4年3月】
 情は人のためならず




【令和4年2月】

 塵も積もれば山となる




【令和4年1月】

  平安を祈る『祝聖文』



【令和3年11月】
  蒔かぬ種は生えぬ


 

【令和3年10月】

  今こそ一丸となって、お念仏の声を響かせる時

 

  

【令和3年5月】
  大悲傳普化 眞成報佛恩